第二種電気工事士 技能試験関連記事
第二種電気工事士 技能試験

技能試験材料セットを購入すれば、大抵は事足ります。しかし苦手な単位作業を何度も練習し、確実なものにしたい場合には、やはり不足します。

不足しても、通販で手軽に必要な材料を補充できれば、気にせずガンガン練習ができます。

練習に没頭するために

ある程度技能試験の練習をしていくと、苦手な作業が見えてきます。筆者は、本番ではかなり緊張しましたが、たまたま易し目の問題でしたので、何とかクリアできました。

できれば残りの材料を気にせず、苦手な作業は繰り返し行い、確実なものにしたいですね。

ここでは通販で手に入る材料のうち、特に消費・消耗する材料を紹介します。

多めに材料を用意する、あるいはいつでも手に入る状態であれば、例えば苦手な単位作業を何度も挑戦できるのがメリットです。

材料が足りなくなるから、練習はここまでにしておこう。でも本番でうまくいくだろうか?という不安が無くなります。

スポンサーリンク

VVF1.6-2C

最も消費する材料です。1周(1回)分に約20m必要です。



資格取得後、自宅などで本格的な電気工事をするかもしれません。100mも必要ない?そんな事は無いです。

筆者は屋根裏の電気工事で、10mほど残った材料を使いました。すぐに無くなってしまい、結局100mを購入しました。

差し込み型コネクタ各種

差し込み型コネクタは、練習では何度でも使いまわしができます。では何で敢えてここで紹介するのかと言うと、

  • 何度も抜き差ししているうちに、固定力が弱くなる
  • 次回使いまわすために、電線を外すのにコツがいる・時間かかかる

からです。使いはじめは固定力が強く、外すのに一苦労です。

時短という観点からも、使い捨てにしてしまう。というやり方もありです。

差し込み型コネクタ2本用、3本用、4本用が必要です。




ランプレセプタクル

ランプレセプタクルはどんな候補問題でも必ず出題されます。その分消耗も激しく、筆者は端子を破損しかけました。


まとめ

消耗しがちな材料は早めに補充し、練習に没頭できる環境を作りましょう。ここで挙げた材料は、ホームセンターでも売られている事が多いです。ホームセンターと通販で、都合の良い方を活用しましょう。
スポンサーリンク
おすすめの記事