ユニクロの福袋

この記事ではユニクロでかつて発売されていた福袋についてまとめています。

主に筆者が2007年の正月に購入した「紳士L」「紳士M」の情報です。デザインにやや癖のあるシリーズの詰め合わせで税込5,000円でした。

2008年以降、ユニクロ福袋らしい福袋の発売は見られていません。

転載サイトに注意!

かつて「blog crefac」にて公開していた記事の一部や写真が、他のサイト、特にまとめサイトにて、出典という名の下で無断転載されています。

筆者はそれらのサイトに対して、一切転載を許可していません。無断転載先の情報は不正確な面が散見されます。それらで発信されている情報の正確さについては一切保証しません。

当サイトが発信元です。転載先のサイトの情報を鵜呑みにしないよう、ご注意下さい。

この記事は「blog crefac」にて公開していた記事を加筆修正の上、再掲載しています。

2007年のユニクロ福袋

ユニクロの福袋は、事前(2006年末)に新聞折り込み広告にて告知されていました。写真が掲載されていて、おおよその内訳も事前に分かりました。

広告チラシの写真から、税込¥5,000としてはまずまずの印象でした。

企画物の「Desiners invitation project」福袋で、やや癖のあるデザインの衣類の福袋です。

当時は無印良品の福袋の買い物ついでに、近くにあるユニクロにも立ち寄って購入しました。

開店後30分程度でしたが、無印良品の減り具合と違って、紳士・婦人用各サイズの数は余裕。婦人用の減りは遅く、紳士用は減りが早かったです。

2007年元旦の戦利品

2007年元旦の戦利品

写真手前の袋がユニクロの福袋「紳士L」です。奥の2つは無印良品の福袋「紳士M」「紳士L」です。

ユニクロの福袋は、袋が不織布製で透明ではありません。さらに封がされているため、中身を確認しての購入は出来ませんでした。

購入前に店頭で開封しての確認ができないよう、写真のように封がされていました。
ユニクロ2007福袋はこのように封がされている

紳士用Lの中身

2007年1月1日に購入した「紳士用L」ユニクロ福袋です。

ユニクロ 紳士用L ¥5,000
ユニクロ2007年紳士L福袋の中身
(写真左上から)
・DI ミリタリーシャツ(長袖) ILIAD
・DI ワッフル フルジップパーカ(長袖) SCYE 白色
・DI ピンオックスフォード シャツA(長袖) SCYE
・DI ツイルカーゴパンツ ウエスト88cm ILIAD
・DI ツイードハンティング ジャケット ILIAD
・DI デニムフーデット ジャケット SCYE
・DI ウール パンツ SCYE

チラシに掲載されていた物とほぼ同じ構成でした。

ただ写真中央にあるグレーの「ツイードハンティングジャケット」が違っていました。これはつくりを見ると、当たりだったようです。コストがかかっているつくりです。着用してみるとかなり暖かいです。

個人的にはパンツの類は「紳士L」では大きいので、2日に開店の別店舗で「紳士M」を購入しました。

ジャケット類はちょうど良いか、ちょっときついサイズでした。

紳士M

「紳士L」を購入した翌日、「紳士M」を購入しました。

1月1日が休業していた店舗なので、1月2日でも購入できました。

開店と同時に店舗に入りました。
ユニクロ2007年紳士M福袋
内訳は・・・昨日に比べたら微妙。

ユニクロ 紳士M ¥5,000
ユニクロ2007年紳士M福袋の中身
(写真左上から)
・DI ウラフリース ライダースジャケット ILIAD
・DI ウラフリース Pジャケット SCYE
・DI ツイルカーゴパンツ ウエスト82cm ILIAD
・DI ウール パンツ SCYE
・DI ブラックデニム パンツ SCYE
・DI ワッフル フルジップパーカ(長袖) SCYE 黒色
・DI ロック プリントT(長袖) ILIAD

昨日購入した紳士用Lとのダブリはワッフル フルジップパーカ(色違い)ツイルカーゴパンツです。

2007年ユニクロ福袋の印象

紳士L紳士Mを購入してみた印象です。

  • サイズ感がトップとボトムで合っていない。トップはちょっときつい。ボトムは太い。
  • デザインに癖がある。着こなすには微妙。

この微妙な中身が、福袋=残り物としてはピッタリだったと思います。

ライダースジャケットは袖を通す前に、バイク乗りにプレゼントしました。

スポンサーリンク

2008年

2008年1月に発売されるユニクロの福袋も、年末の新聞折り込み広告等で告知されました。

内容はヒートテック等の3点セットで¥5,000。これは福袋ではなく、抱き合わせ販売だと思いました。少なくとも「何が入っているんだろう?」というわくわく感は無かったです。

プレミアム感で勝負したかったのでしょうか。

販売当日、10:30頃、店頭で見本を見てもいまいち購入意欲は湧きませんでした。実際に商品の山が全然崩れていませんでした。

同じ5,000円でも、いっぱい入っていた昨年とは売れ行きが大違いでした。

まとめ

2007年と2008年のお正月に発売されたユニクロの福袋についてまとめました。

2007年は福袋らしい福袋、2008年は福袋感全くなしの抱き合わせ販売で、福袋販売が実質終わりを告げました。

ユニクロの福袋はこれ以降、2019年まで発売されていません。お店の隅にあるワゴンに、売れ残りの値下げ品が山になっている事が増えたように見える昨今です。今後もユニクロ福袋が発売される可能性は低いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事